慰謝料

慰謝料も損害として請求することができます。交通事故に遭ってケガをしたとなると当然苦痛を伴いますし、それに対する慰謝料を請求することが可能になります。また、慰謝料は肉体的な苦痛だけでなく精神的な苦痛に対しても支払われるものですから、精神的な苦痛に対する慰謝料についても請求ができます。

慰謝料は保険会社と交渉することになるのですが、本人が保険会社と交渉してもなかなか話は先に進みません。また、保険会社はなんとか慰謝料の金額を低くしようとしてきますから、知識のない状態で交渉してしまうといいように丸め込まれる可能性があります。

では、適正な慰謝料を請求して受け取るにはどうすればいいかということですが、もっともおススメなのは弁護士に相談することです。弁護士に相談して交渉を担当してもらえばきちんと適正な金額の慰謝料を貰うことができるでしょう。

交通事故の被害相談を積極的に行っている弁護士はたくさんいますし、被害者救済のためのアグレッシブな活動をしている法律家もたくさんいます。そのような弁護士に相談することによって適正な金額の慰謝料を貰うことが可能になりますし、後遺症の等級認定においても弁護士にお願いするとスムーズに進みます。

積極損害と消極損害