交通事故の被害で可能な損害請求とは

交通事故の被害に遭ったときにどのような損害を請求できるのかといったことについてご説明します

作者別: admin


慰謝料

18年05月28日

未分類

慰謝料 はコメントを受け付けていません。


慰謝料も損害として請求することができます。交通事故に遭ってケガをしたとなると当然苦痛を伴いますし、それに対する慰謝料を請求することが可能になります。また、慰謝料は肉体的な苦痛だけでなく精神的な苦痛に対しても支払われるものですから、精神的な苦痛に対する慰謝料についても請求ができます。慰謝料は保険会社と交渉することになるのですが、本人が保険会社と交渉してもなかなか話は先に進みません。また、保険会社はなんとか慰謝料の金額を低くしようとしてきますから、知識のない状態で交渉してしまうといいように丸め込まれる可能性があります。

弁護士では、適正な慰謝料を請求して受け取るにはどうすればいいかということですが、もっともおススメなのは弁護士に相談することです。弁護士に相談して交渉を担当してもらえばきちんと適正な金額の慰謝料を貰うことができるでしょう。交通事故の被害相談を積極的に行っている弁護士はたくさんいますし、被害者救済のためのアグレッシブな活動をしている法律家もたくさんいます。そのような弁護士に相談することによって適正な金額の慰謝料を貰うことが可能になりますし、後遺症の等級認定においても弁護士にお願いするとスムーズに進みます。

〔関連サイト〕慰謝料相談:交通事故被害者救済サイト

積極損害と消極損害

18年05月23日

未分類

積極損害と消極損害 はコメントを受け付けていません。


後遺障害交通事故の被害に遭ったのなら加害者に対して損害を請求することが可能になります。賠償される損害は大きく三つに分けることができるのですが、その一つが積極損害と呼ばれるものです。これは交通事故が原因で出費を余儀なくされた損害のことを指し、医療機関での治療費や通院にかかった交通費、もしくは葬儀代などが該当します。事故に遭うと当然病院にもかかることになりますし、治療を受けるにしてもお金がかかります。通院して治療を受けるにしても公共交通機関を利用するとなると交通費も必要となりますからそうした損害についても請求できます。

また、消極損害は事故に遭うことがなければ本来得ることができた利益のことです。休業損害がこれに該当しますが、つまり事故によって働くことができなくなり、本来得るはずだった収入が得られなくなった、という時の賠償です。逸失利益も消極損害に該当しますから、事故に遭うことさえなければ利益が得られていた、ということが証明できれば損害賠償を請求することが可能です。また、事故によって後遺障害が残ってしまった場合については後遺障害として等級に応じた賠償を受けることになります。これについては専門家から説明を受けたほうが分かりやすいでしょう。

交通事故の損害請求

18年05月19日

未分類

交通事故の損害請求 はコメントを受け付けていません。


日本という国で暮らしている以上いつどこで交通事故に遭ってもおかしくありません。都市部にはたくさんの車やバイクが走っていますし、都市部でなくてもさまざまな乗り物が走り回っています。いつどこで誰が交通事故に遭うか分かりませんし、他人事だと思っていたらある日自分が交通事故の被害者になってしまうということは十分考えられます。交通事故の被害にあってどれくらいの損害を受けるかはケースバイケースですが、場合によってはケガをしてしまうこともあるでしょう

交通事故むしろ交通事故の被害にあってケガをしないということのほうが珍しいのではないでしょうか。歩行者とバイク、車と人、車同士での事故などいろいろなケースが考えられますが、いずれにしても大きな力が働くのですからケガをするのが普通です。大きな事故にも関わらず軽症で済んでしまうようなこともあれば、小さな事故なのに大けがを負ってしまうということもあります。

交通事故の被害に遭ったのなら損害請求も可能となりますし、ケガや障害に対する損害についても請求が可能です。大けがを負って障害も残ってしまったとなると被害者としては元の体に戻してほしい、というのが一番の願いかもしれませんが、日本の法律では金銭による賠償を原則としています。このサイトでは、交通事故の被害に遭ったときにどのような損害を請求できるのかといったことについてお伝えしますから、少しでも関心を持たれた方はぜひ最後まで目を通してください。